五楼の日常

リニューアルに先立ち、タイトルも変更しました。日々の雑感、短歌フォトを綴りたいと思います。

蔦屋書店

昨年、浦和駅内にアトレがオープンし、連日賑わっている。代官山の蔦屋書店がオープンした時、新時代の訪れを予感したが、それは全国模に広がりを見せている。

f:id:gainsbourg-japon1963:20160225102438j:image

写真は蔦屋書店梅田店の様子だが、大阪はジュンク堂が築いた独特な文化がある。しかし、ジュンク堂とはまた異なる新たな蔦屋文化が、大阪にも根付いているのだ。



被災地を訪ねて①

昨日、診断の合間に岩沼市亘理町を訪ねた。岩沼市亘理町は、震災前からご縁があり、震災後の10月下旬から12月まで長期滞在し、仕事をしていた。

先ず、仙台空港に近い相野釜地区にある「千年希望の丘」を訪ねました。震災時、津波で甚大な被害があった場所です。
f:id:gainsbourg-japon1963:20160224104217j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20160224104329j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20160224104352j:image

ずいぶん落ち着いたなという印象だが、何かしっくり来ない感じが残った。玉浦地区も集団移転が無事終了し、新たな街並みが形成されていたが、こちらもしっくり来ない。






仙台へ

治療相談のため、仙台へ。関東地方は厚い雲に覆われていたが、福島県に入った途端青空が!仙台上空は薄曇りで、時折強烈な陽射しが射してくる。治療相談がメインだが、楽しんでやろうと思う。
f:id:gainsbourg-japon1963:20160223102739j:image
宮城野原駅前の様子
f:id:gainsbourg-japon1963:20160223102811j:image
f:id:gainsbourg-japon1963:20160223102828j:image
こまち3号に乗車


実家近くの枝垂れ梅


実家に帰った。実家の目の前を流れる柳瀬川は、相変わらず豊かな自然の姿を見せてくれる。残念なのは、ゴミが増えていたこと。毎年、私も所属する川づくり・清瀬の会など、清瀬市内の環境保護団体が、川の清掃を行うが、気づけばゴミが散乱している状況だ。バーベキューをする人、釣り人、野鳥の写真を撮りに訪れる人....など、柳瀬川には様々な楽しみがある。マナーよく利用する人以上に、心ない利用者も目立つ。

「私1人ゴミを捨てても川は汚れない」

そんな風に思っている人が1人でもいれば、真似する輩がそれに追従し、ゴミを放置し、それが川の汚れに繋がって行くのだ。

さて、柳瀬川を挟み所沢市側だが、あるお家の庭に咲く枝垂れ梅が見頃を迎えていた。昨年は仕事の関係で見ることができなかったのだが、今年はじっくりと見事な枝垂れ梅を見ることができた。一般のご家庭なので、庭に入る際は一言お家の方にご挨拶し、マナーよく写真を撮って頂ければ有難い。
f:id:gainsbourg-japon1963:20160222133659j:image

f:id:gainsbourg-japon1963:20160222133644j:image
f:id:gainsbourg-japon1963:20160222135201j:image
f:id:gainsbourg-japon1963:20160222135247j:image

一区切り

f:id:gainsbourg-japon1963:20160216172115j:image

昨夜、大切な宝物を完全に失った。すべての原因は私にあるのだ。これからどんな仕打ちを受けるか分からないが、甘んじて受けたいと思う。そんな風に考えたら、少しだけ気が休まってきた。出直し出直し.....

新たな旅立ち

今日から新たなスタート!いろいろあった。やり残したこともたくさんあるが、病気には勝てない。療養をしながら、新たな目線で風景を収めたいと思う。環境が変われば、また違う視点から、物事が見えてくるのだろう。f:id:gainsbourg-japon1963:20160213002118j:image

旅と写真と音楽をこよなく愛する男です

f:id:gainsbourg-japon1963:20160212165517j:image

初めまして。gainsbourg1963と申します。開設準備だけはしておりましたが、ようやく今日からスタートです。カメラ片手に自然風景と飛行機と、野鳥を撮ることが大好きです。飛行機や鉄道、旅客船、そしてバスに乗り旅することも大好きです。ようやく自分が取り戻せそうなタイミングでしたので、これから撮り溜めた写真、これからの旅の様子をこのブログでお伝えできればいいなと思います。ペンネームの由来は、私の大好きなアーチスト、セルジュ・ゲンスブールに由来します。ゲンスブールが持つシニカルさはもちろん、繊細さや表現方法も好きで、傾倒しております。時折音楽の話題やラジオのお話しなども交え、ごった煮的ですが、よろしくお願いします。